「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、あらゆるモノをクリエイトする集団hickory03travelersです


by ヒッコリースリートラベラーズ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 07月 19日 ( 2 )

こんばんは、自他ともに認めるNegiccoファン、捧(ささげ)です。

さてさて記念すべきNegicco15周年のその日が明日に迫ってまいりました。

結成日である明日20日は古町7番町にて19時からフリーライブ、明後日21日には朱鷺メッセでライブ!!!

e0031142_20170557.jpg

すごいですよねー。
私はMeguちゃんと同い年で、子供のころからずっとNegiccoを知っていました。
新潟の人はそういう方多いと思います。
テレビのCMなどでしか観たことのなかった彼女たちの曲やライブが素晴らしいと知ったのは数年前からです。
子供のころから知っていたのに!なぜもっと早く聴かなかったのか…そんな想いになりました。
でも今だからファンになった、ってこともありますしね。
その分できる限りの応援をしたいと思っています。

今からでも遅くないですよ~!気になっている方はぜひ明日と明後日、お越しくださいね。

新潟のNegiccoしか知らない方は驚かれると思いますが、県外のファンがものすごーーーく多いんです。
この週末も全国から新潟に集まります!!

そこで県外からお越しのNegiccoファンの方、そしてNegiccoが気になっている新潟の方にもおすすめしたい
マニアックな新潟土産をご紹介いたします~

【 ちょっとマニアックな新潟土産 】

◎動物カトラリー
e0031142_19274272.jpg
新潟の金属加工が盛んな地域で有名な燕三条で作られた動物カトラリーです。
持ち手がキャラクターになった懐かしい形のスプーンやフォーク。
子供の頃に使ったことがある方も多いのでは無いでしょうか?
何十年も変わらず作り続けられているそうですよ。
動物の表情がなんともキュートです。(378円)

こちらはMeguさんが気に入ってくださいました。ぴかぴか!



◎MOYOの薄鏡
e0031142_19413530.jpg
e0031142_19413596.jpg
こちらも燕三条で作られている、ステンレス製の鏡です。
通常の鏡と違い、ステンレスの表面を磨き上げて作った特殊な鏡。
横から見ると分かるように、すっごく薄いんです!
ガラスを使わないので落としたりしても割れません。
カードサイズで持ち運びしやすいのもおすすめポイントですよ。(1080円)
こちらはKaedeさんがお持ちでした。澤部さん…!笑



◎鳩パン
e0031142_19464841.jpg
この奇妙なモノは沖縄の作家さんが作る張り子「鳩パン」です。
手のりサイズのかわいい置物です。
置いてあるだけで微笑んでしまうような癒される子ですよね。
一時期こちらの鳩パンをもとにしたガチャガチャが出ていたので観たことある方もいらっしゃるかも?
(1296円)
ガチャガチャ好きのNao☆ちゃんがハマっていました!



◎変なバッジ
e0031142_19535078.jpg
新潟出身のイラストレーターあんもさんが描くシュールな缶バッジ。
新潟らしい諸々が楽しいです。
特に聖地で、取り壊しが決まっているレインボータワーのバッジがおすすめです。
今のうちにレインボータワーに会いに行きましょうね。
(410円)


そして朱鷺メッセにいきまッセ!!!
ということでトキのグッズもご紹介。



◎トキの野鳥こけし
e0031142_19581192.jpg
十日町市にて農家のお母さんたちが手作りで作る野鳥こけし。
雪深い冬の間の仕事として始まったそうです。
足が針金で曲げられるので、枝にとまらせたりしても可愛いですよ。
お家に持って帰って新潟のエッセンスを感じていただければ嬉しいです!
(1080円)


◎トキ文字Tシャツ
e0031142_20044348.jpg
e0031142_20044660.jpg
パッと見は鳥の柄のTシャツ・・・と思いきや、よく見るとカタカナで「トキ」と書いてあるんです。
ちょっとお茶目で、でも着やすいTシャツです。
裏側には赤いトキが1匹飛んでいます。
サイズはメンズ&レディース両方ご用意してますよ!


------------------------------

いかがですか~?

以前にもNegiccoファン向けのお土産記事を上げているので、こちらもぜひお読みくださいね。




明日はNegiccoファンに贈る上古町オススメスポットをご紹介しますよ~!
そちらもぜひご覧ください♪


ささげ

-------------------------------------------------------------
[hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)]

〒951-8063 新潟市中央区古町通3番町556
tel/fax  025/228/5739 
mail  mail@h03tr.com
HP http://www.h03tr.com
オンラインショップ http://h03tr.shop-pro.jp/
ギフトショップ http://www.h03tr.com/gift/
営業時間 am11:00 - pm18:00(日曜のみ-17:00/時期によって変動)
定休日 月曜日 祝日の場合は翌日定休日

-------------------------------------------------------------




[PR]
by h03tr | 2018-07-19 20:19 | コラム

e0031142_00092633.jpg
e0031142_00261637.jpg



海外での評価に興味はありますか?  ドイツ「iF DESIGN AWARD」から考える勉強会。

日時 83日(金)午後6時30分~8時30分 

場所 クロスパル(新潟市生涯学習センター) 404

参加費 無料

定員 30

助成:アーツカウンシル新潟((公財)新潟市芸術文化振興財団)「文化芸術基盤整備促進支援事業」

主催:新潟のデザイン活動を活気づける仲間たち(仮)

内容

ドイツの「iF DESIGN AWARD(1953~)は多くの国からエントリーがある世界的に有名なデザイン賞です。受賞した商品は優れたデザインであることはもちろんのこと、商品の貴重なセールスポイントとなり、海外マーケットを考える商品にとって価値が高いデザイン賞といえます。賞は、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン/UX、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成されています。

今回の勉強会では、海外デザイン賞について知り、自分たちにとっても関係なくはない事と感じてもらえると幸いです。iF DESIGN AWARDについての 説明のほか、受賞した方をお招きし、実際の声をお聞きする会です。ご自分のプロダクトで、話を聞いてみたい方は実物をお持ちください。


1)iF DESIGN AWARDについて( if 日本オフィス 高田昭代様:アワードへの出品方法、メリット、事例紹介)


2)新潟での先進事例の体験談(まかないボウル江口広哲様、高田昭代様)

まかないボウル

http://conte-tsubame.jp/products/

iF DESIGN AWARD

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://ifworlddesignguide.com/&prev=search


3)質疑応答(参加者が当日プロダクトや案を会場に持ち寄り、公開相談会のような形で

髙田様や江口様にアドバイス、ご意見をいただきます。3名程度を予定)



<お申し込み・お問い合わせ


こちららのフォームからお申し込みください。

https://goo.gl/forms/oDD7dXTHVpe9xfjn1


事務局:新潟のデザイン活動を活気づける仲間たち(仮)

    hickory03travelers内 担当:迫

TEL・FAX  025-201-8427

アドレス hashiwatashi2018@gmail.com


髙田昭代(たかだあきよ)

コミュニケーションデザイナー (株)スリーシーズ代表取締役 iF日本オフィス代表

2007年、(株)スリーシーズを設立し、コミュニケーションで日本と

海外をつなぐ事業に関わっている。

海外事業としては、香港デザインセンターやPMQ(香港のクリエイティブ発信拠点)のコンサルタントとして、日本とのコラボレーションプロジェクトを実施するほか、2015年より中国デザインインテリジェンスアワード(中国浙江省)の専門推薦人として日本の優れたデザインを推薦している。また、ドイツのデザイン団体である「iF International Forum Design」の日本オフィスを2013年に立ち上げ、「iF DESIGN AWARD」等のプロモーション事業を統括している。国内事業では、2008年~2013年東京国際映画祭(TIFF)事務局の海外コミュニケーション業務を統括する他、2012年日本のデザイナーを世界に発信するコミュニティである「日本デザインアンバサダーズ(AODJ)」を立ち上げ、AODJの事業をプロデュースしている。2013年デザイナーデータベース「Japan Designers」(経済産業省受託事業)の制作プロデュース、和歌山県田辺市の

首都圏情報発信事業(2014/2015年度)など、地方や地域の情報発信事業に着手している。


江口広哲(えぐちひろあき) 

プロダクトマネージャー、一菱金属(株)

2011年よりアート・デザイン制作ユニット「monge」にて企画・制作に関わり、2011新潟オフィスアートストリートでは隈研吾特別賞を受賞。大地の芸術祭雪アートでは2012年から4年連続出品。

2016年にプロダクトデザイナー小野里奈、そしてアドバイザーとして日野明子を迎え、台所道具ブランド「conte」を発表し、試作制作から製造工程の管理、営業まで担う。関わった商品の主な受賞として「IDS Competition 2016/2017/2018」「グッドデザイン賞2016/2017」「red dot AWARD 2017/2018」、「iF DESIGNGOLD AWARD 2018」他。








[PR]
by h03tr | 2018-07-19 19:05 | お知らせ