「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、あらゆるモノをクリエイトする集団hickory03travelersです


by ヒッコリースリートラベラーズ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おいしい食事の時間をもつということ

また、ブログ、サボってました。
なかなか継続力がない僕です。
唯一の継続がhickory03travelersですね。
運よく性に合ったものに出会えたのだと思います。

最近はいろんなことがあっているのにここでは書き残さず、
自分にも、楽しみにしているみなさんにも
申し訳なく思います。

土曜日:三条市の八木ヶ鼻の前のキャンプ場で行われた三条クラフトフェア in 八木ヶ鼻ってのを見てきました。
八木ヶ鼻岳といえばば遠藤さんの作品にもなっていた、
あのTシャツ
あそこです。絶景でした。素晴らしいところでした。となりの「いい湯らてい」も気持ちよかったです。

日曜日:ついに中央ヤマモダンの長期企画「ぼくのわたしのブリタニカ」が始まりました。
縁あって、ほんとに縁あって、長いこと応援しています。
彼らにはあきれるほどの熱意(ほとんど隠れていてわかりにくいですが)があって大好きです。
非常にトリッキーで、なんともならない感じがまた好きです。
彼らの貪欲さにはボクなんて足元にも及ばないと思っています。
なんなんでしょうね。よくわかりません。
だから魅力的なんでしょう。

ちなみに日曜日に僕が見た公演は
「あ行 か行」という名の公演です。
このチラシのデザインはボクですが、イラストは広瀬義貴君にお願いしました。
彼も非常にトリッキーな青年です。
何をするのかわかりません。
どうしたいのかもわかりません。

ただ、今のところ僕は思うのはとても純粋で全力をだそうとする、ヒトなんだと思っています。
だから人気者なんでしょう。
これから、益々のヒトだと思います。

公演の内容は、言えませんが、ぜひ行ってみてください。
時期によって成熟度が異なると思うので、それはお任せします。



で、続いて月曜日。昨日ですね。
昨日は、仕事を終えて、家に帰り、夕食を作って食べて、お風呂に入って
それからヤマモダンです。なんと優雅な人でしょう。
昨日は「さ行 せ・そ」公演でした。
こちらのイラストはホサカ・タカシ氏です。
彼とは昨年のリレーライブペイントで力石君の紹介で知り合いました。
それにしても、このイラスト、凄いです。実はもっと凄いのもあったのですが、ビビッてこのイラストを採用させてもらいました。インパクトがあってかわいいのが特徴、なんでしょうね。
ホサカ君はとても自由そうでのびのびとした雰囲気の絵を描きます。
でも頭の中ではいろいろ考えた結果、自由なのびのびとしたものを
形にしていると僕は理解しています。(ちがったらゴメンね)
だから尊敬します。僕のかくイラストとは近いようで近くないとおもいます。
人間的な雰囲気も大好きです。丁度日曜日は嬉しいことがあって酔っ払っていましたが
昨日はしらふでした。


で、やっとやっと本日です。
火曜日です。

今日も追われるように仕事を楽しくやって、(昼間に行った黒崎の農家さんの家すごかったです)、
夕方は上古町の臨時総会でした。
ご存知の方もいるかもしれませんが、白山神社の方の上古町の
アーケード(半分しかできていない感じ)についての議題でした。

様々な考え方があるのであくまで個人的な意見ですが、上古町の人として
お客さんが楽しんでもらえるような場所にしたいという思いがあるので、
できるだけ、早く何とかキレイに中途半端でない状態になればいいと思っています。
神社側から見れば入口、正面てきなところですので、お客さまを迎え入れる
姿勢を示すべきだと思っています。

ただ、問題なのが、柱を建てたいところに水道、ガスなどの主要な官が埋まっていて
柱を立てれないという事なのです。非常になんというか、古典的なオチです。
他はキレイになったのに入口だけが、、、、、。
なので何とかしようと専門家の人たちに相談しているというわけです。
でもなかなか進まないのです。

お客さんにとってアーケードなんて関係ない、不景気なんて全く関係ない。
そんなことはありません。両方少しは関係あります。
でもそれよりももっと関係あることがあります。

それは僕たちの気持ちだと思います。
どういう姿勢で、どうありたいのか。

実はここ1年くらいでボクは随分姿勢が変わりました。
「僕たちの作っているものを見てください」という受身の姿勢から、
「僕たちがしていることはこういう事です。上古町にはこういう楽しみ方がありますよ」と
積極的に伝えるようになりました。すこしでもこの時、この場所を楽しんでもらいたいと
思うようになったのです。
おせっかいですが、通りを歩くお客さまに話しかけることが多くなりました。
勝手に道を教えることも多くなりました。
どんどんそうなりました。

それは皆さんが喜んでくださったり、笑顔をみせてくださったり、
ご自分のことを話してくださるということがわかったからです。

さらに、思っていた以上に多くの方がボクたちのことだったり
上古町のことを気にかけてくださっていて、応援してくださっている
ということに気づかされました。

仕事として、何かを作り出すということを生業としていて、
その場所がたまたま商店街だったということで、たくさんのことにを
気づかせてもらい、たくさんのことを学び、さらに応援までしてもらい
笑顔までいただいています。

本当にありがたいです。


ちょっとブログを書かなかった反動でも反省文でもありませんが、
先ほど、新潟の父と名乗るs社長
おいしい食事をして、ふとして、ふとして、こんなに長々と書いてしまいました。
相変わらず読み直してないので誤字脱字だらけかもしれませんが、、、

また明日も楽しく頑張ろうと思います。
[PR]
by h03tr | 2009-06-30 22:49 | コラム