「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、あらゆるモノをクリエイトする集団hickory03travelersです


by ヒッコリースリートラベラーズ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは、澁谷です。
夏の暑さも過ぎ去り、秋晴れの気持ち良い季節となりました。
そんな秋晴れの空のもと、9月27日にヒッコリーが企画した水と土の芸術祭市民プロジェクト「きむらとしろうじんじんによる野点」が開催されました。
e0031142_1122646.jpg


企画の内容は、芸術作家で陶芸家のきむらとしろうじんじんさんが、陶芸窯・素焼きのお茶碗・うわぐすりなどの陶芸道具一式と、
お抹茶セット一式を積んだ2台のリヤカーを広げて、その場でお茶碗を焼いてお茶が飲めるカフェを開くというものです。
お客さんはその場でお茶碗に絵付けをし、楽焼(らくやき)という方法で40分程で焼き上げられた自作のお茶碗でお茶を楽しむことができます。

お昼からの開催に向けて朝からボランティアスタッフの皆さんと一緒に会場の設営を行いました。
設営中にも参加希望の方々が訊ねてこられ、沢山の方が野点を楽しみにしている様子が窺えました。

設営が終わり、野点が始まると会場はあっという間にお客さんでいっぱいに!開始から2時間も経たないうちに絵付け用のお茶碗が無くなってしまう程の大盛況でした。
e0031142_11232869.jpg

e0031142_11242317.jpg


当日は天候に恵まれ、参加者の皆さん気持ち良さそうにお茶碗の絵付けをしていました♪
絵付けには釉薬という焼き上げるとガラス質になるもの使いました。釉薬は焼く前と焼いた後の色合いががらりと変わるので、皆さん焼き上がりをイメージしながら配色を考えていました。
e0031142_1132583.jpg

しかしじんじんさんの息の吹きかけ方や燻し方によっても色は変わってしまうので、予想もしていなかった仕上がりにお客さんが驚いている様子がとても印象的でした。
e0031142_1137964.jpg

e0031142_11385333.jpg

e0031142_11391173.jpg

焼きあがったばかりのお茶碗にじんじんさんがお抹茶を立ててくれます。その味は格別です!少し煤臭いですが(笑)
e0031142_11462946.jpg


最後のお茶碗が焼きあがった頃にはもう日も暮れてしまい、長い一日でしたが一日中良い雰囲気で野点を行うことが出来てとてもうれしく思いました。
大きなトラブルもなく無事に野点を行うことが出来たのは、沢山の方々に御協力いただいたお蔭です。
当日のお手洗いの利用の為、施設を使わせてくれた二葉コミュニティハウス様、お茶碗が焼きあがるまでの時間を利用してお散歩イベントを開いてくれたcafe日和山五合目の野内様、お蔭様でより充実したイベントにできたと思います。
そして当日のみならず、事前説明会から参加してくださったボランティアスタッフの皆様、朝から晩までのお手伝い本当にお疲れ様でした。初めてのことだったにもかかわらず、皆さんが笑顔でお客様と接している姿がとても印象的でした。
御協力いただいた皆様のお蔭で素晴らしいイベントになったと思います。本当にありがとうございました。
来て下さったお客様からまたやりたいという声も沢山聞きましたので、またお招きできるよう頑張っていきたいと思います!これからもヒッコリーの活動をどうぞよろしくお願い致します♪
[PR]
by h03tr | 2015-10-08 11:50 | きむらとしろうじんじん野点
こんにちは、さこです。
今日は10月5日。そうヒッコリーの日です。2001年の10月5日。
新潟市の地下街 西堀ローサにて はじまった、ぼくら、
「ヒッコリースリートラベラーズ」。迫、遠藤、橋本の3人で、
たった2坪のお店からのスタートでした。
初日、1枚しかTシャツが売れず、緊急会議&価格変更をしたのを
いまでも覚えています。BSNの近藤さんが買ってくれたロケットTシャツ。
うれしかった〜。
お客さんと話す楽しさ。作ったものがほめてもらえる嬉しさ。
お店の運営の難しさ。方向性の違い。
売る事、つくること。できること。できないこと。
したいこと、したくないこと。関わる事、関わらない事。
いろんなことを経験させていただきました。

全然ならなかった電話もなるようになりました。
少しずつヒッコリースリートラベラーズを知ってくださる人が増えました。
想像もしていなかったお仕事をいくつもさせていただきました。
全国の方とつながる事も増えました。行く事も来ていただく事も。


本当に、いろいろありました。アレコレやってきました。
そうこしているうちに、おかげさまで14年たちました。

ご存知のように、メンバーも増え、日々いろんな事に
関わらせていただいたています。ご期待いただけることに感激です。感謝しています。

僕らの活動は、日々、コツコツがんばっている、ヒッコリーのメンバーがいて
やっと成立します。今のメンバーだからできること、できそうな事に取り組んでいます。
コツコツな日常が積み重なってヒッコリーとしての全体的なアレコレな活動があります。
これから、どうなるのことでしょう。楽しみですね。

15年目も「らしく」やっていきますので、ご期待ください。
ヒッコリースリートラベラーズ も
ミュージアムショップ ルルル も
blue & brown (水と土の芸術祭)も

どうぞよろしくおねがいします。 

というわけで、本日は、恒例の記念撮影を今年も行いました。
水と土の芸術祭開催中の二葉中学校にて。

e0031142_16331579.jpg

e0031142_16372828.jpg
たくさん撮った中の1枚をご紹介。なんだか楽しそうです。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

hickory03travelers 迫一成
[PR]
by h03tr | 2015-10-05 16:38 | コラム
e0031142_16131154.jpg

e0031142_1915430.png

<嬉しいお知らせとお礼>
嬉しい事に、私たち、ヒッコリースリートラベラーズの活動が
グッドデザイン賞を受賞しました。
商品とかではなく「ヒッコリーの活動」を評価いただけた事が
本当に、うれしかったです。
改めて、ぼくらがいる環境が恵まれていると思いました。
いつも支えてくださっている方、気にかけてくださっている方、
応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。
らしく がんばります。
また、今日で、会社(合同会社アレコレ)の今期は終了なので、
なんだか今期のご褒美のようでありがたいです。
会社としては4期目になります。
ヒッコリーの活動は10月5日でまる14年。15年目に突入です。
想像もしていなかった長い活動になっておりますが、
今後もお楽しみください。
「日常を楽しむ」 それが私たちの仕事です。

■審査員の方からいただいた言葉。
最初から商店街活性化を目指して活動を開始したというよりは、自分たちが楽しいと感じる活動を少しずつ広げていった結果、仲間を増やし、商店街のあり方が変わっていったというプロジェクトであり、進め方に無理がない。また、だからこそプロジェクトに美しさが内在することになっている。この美しさが多くの人の賛同を得ることにつながっていることを考えると、グッドデザイン賞に適ったプロジェクトだといえる。

担当審査委員| 横川 正紀 色部 義昭 上田 壮一 南雲 勝志 山崎 亮

■グッドデザイン賞サイト
http://www.g-mark.org/award/describe/43281?token=mezsFS78BV
[PR]
by h03tr | 2015-10-01 19:15 | お知らせ