「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、あらゆるモノをクリエイトする集団hickory03travelersです


by ヒッコリースリートラベラーズ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

明和義人祭 2013 いよいよ明日です。

e0031142_14265956.jpg

こんにちは、さこです。
かわいい写真でしょ?
昨年、子供たちにチョークで落書きをしてもらったものです。
この企画が行われるのが、
そう、いよいよ明日、24日 土曜日開催の 明和義人祭です。

今年で4回目となるこのお祭り。今回は初めての土曜日開催といことで
やっと参加できる!!というかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

ぼくももたのしみです。

詳しくは明和義人祭のサイト
e0031142_14262894.jpg

スケジュールをみてもわかるように、いろいろな催しがあります。
中でもおすすめなのが、
★日本最大級のお菓子まき、と
★チョークで落書きコンテスト。
ともに飛び入り参加も可能ですので、気軽にお越しくださいね~

審査員長はぼくです。

優秀者3名にはなんと、!!!ケンズバーガー の古町スペシャルバーガーです。

ご来場お待ちしてます。

多少の雨なら決行です!!!

※おまけですが、昨年ぼくは、かつらかぶって涌井藤四郎役をやったのですが、
その写真がつかわれた、照れくさいうちわも配布されています。
ぜひ(笑)
========================

e0031142_14264071.jpg

e0031142_14252325.jpg

明和義人とは

8世紀半ば、江戸では第十代将軍徳川家治の御用人・田沼意次が幕府の政治を仕切っていました。
同じ頃、新潟湊では困窮する町民の暮らしを救おうと立ち上がり、藩に代わり自らの手で町政を
実現した人々がいました。
自主自立の精神とエネルギーにあふれる住民自治の幕開でした。
後世の人々は、この出来事を誇るべき歴史として口伝にて伝え、町のために働いた涌井藤四郎、
岩船屋左次兵衛を中心とする人々を「明和義人」として崇め、明治時代に入ってから
愛宕神社境内社、口之神社に祀りました。
[PR]
by h03tr | 2013-08-23 15:09 | お知らせ