「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、あらゆるモノをクリエイトする集団hickory03travelersです


by ヒッコリースリートラベラーズ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

畑尾和美 朗読会 と 展示のお知らせ

いよいよ、本日は、僕もお話しする「みずつち学校」です。(詳しくはコチラ)e0031142_0593681.jpg



わりと参加される方も多いようですうれしいですね。
宮本さんにお会いできるのもうれしいです。
※みすつち学校とは来年開催の水と土の芸術祭関連プログラムで、
いろんな講師などを迎え、アートや新潟の事を学んでいくものです。

きっと、当日参加も可能ですので、興味のある方、お時間のできた方
時間までにヒッコリーまでお越しいただけるとうれしいです。


さてさて、そんな日曜日ですが、来週の日曜日(11月13日)も
素敵なイベントがhickory03travelersで開催されます。
新潟絵屋さんの企画なのですが、一昨年、ワタミチ(今のhickory03travelersの場所でやっていた実験的なお店)で
一度お世話になった畑尾和美さんによる朗読会です。

畑尾さんの日常を切り取ったというか、日常の出来事を紡いだことばを
畑尾さんの声を通して「朗読」という形式で受け取る時間です。
受け取る行為ではあるのですが、そこには、受け取る私たちの
主観や個人的な経験やそのときの日常の環境、状態などで、想像するものは
ことなり、思っていた以上にすーっとからだに入ってくるもので、
いつもとは時間の流れ方が違う、いい時間となりました。
前回の朗読会の僕の感想はそんなかんじです。
ぜひ、お時間あれば皆さんもご参加ください。

それと、急遽作品の展示も1〜2週間ほど行うことになりました!!

あわせてお楽しみください。



2011.11.13(日)
*時間* 15:00-16:00
*会場* hickory03travelers(新潟市中央区古町通3番町556) 2階 
*料金* 500円
*主催* 新潟絵屋(025-222-6888 info@niigata-eya.jp)
直接会場へ足をお運びください。

展示
*期間* 11.13(日)〜27日頃まで(未定)
*場所* hickory03travelers 2階
*料金* 無料


【畑尾和美】
1974年大阪生まれ。大阪在住。2000年、美術作家の永井宏さんのワークショップに参加したことをきっかけに作家としての活動をはじめる。言 葉を綴り、糸や身のまわりにあるもので作品を制作。「歩くということ」「呼吸をするように」「いつものなかに」「雨の唄」など個展多数。
2002 年より、輪唱や合唱のように声を重ねるリーディングユニットmarine girlsを三倉理恵とともにはじめる。そして、2007年か ら、ひとりの朗読会を日本各地で定期的に行う。2011年9月に大阪のリトルプレスBOOKLORE(ブックロア)より、詩画集『九月の 朝顔』を出版。
「ボタ ンとリボン」vol.1・2・3(六耀社、WINDCHIME BOOKS)、「Fantastic Something」(BOOKLORE) に詩を掲載。
 http://hataokazumi.net/
e0031142_11198.jpg
by h03tr | 2011-11-06 01:02 | お知らせ